メニュー

運動療法

理学療法士(PT)を中心とした専属スタッフがそれぞれの疾病の状態、身体能力に応じたトレーニングプログラムを提供し、計画的にリハビリを進めていただきます。

上下肢の筋力増強や関節可動域の拡大を目的とした機器を用いた運動や、PTとマンツーマンでのトレーニングを行い、早期の機能回復、能力向上を目指します。

また、運動能力を維持するためにPTの目線からアドバイス、指導もさせていただきます。

測定機能付自力運動訓練装置【ウェルトニックレッグエクステンション】

写真

 

 

 

 

 

 

【特徴】高齢になると、膝関節の可動域が狭くなる場合が多く見られます。運動することにより歩幅が広がり、膝が安定し、歩容、階段昇降がスムーズになります。

測定機能付自力運動訓練装置【ウェルトニックローイング】

写真2

 

 

 

 

 

【特徴】広背筋、菱形筋を強化して、高齢者特有の円背(猫背)を予防・改善します。

上肢交互運動器

 

写真3

 

【特徴】健側の手で患側肢の他動運動を行い、肩関節の可動域増大と筋力増強を図ります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME