メニュー

診療案内

当院の治療方針

痛み・しびれなど症状の緩和、障害された運動機能をもとの状態に近づけることで生活の質(QOL)を保てるよう総合的にサポートします。

皆様が健康で活動的に暮らせるよう、けがの発生や疾病の進行予防に務めます。

患者様の声に耳を傾け、わかりやすい説明をし、皆様に納得して頂く医療を心がけます。 

 

整形外科

筋肉や骨、軟骨、靭帯、神経など、身体を支え、運動を実施する器官を運動器といいます。
運動器は人が人らしく生きるために最も重要な器官です。
整形外科での治療対象は病気やけがで生じた運動器の問題のために活動が制限される状態です。

 

 対象症状・疾患の例 

いわゆるケガ全般

骨折、脱臼、捻挫、打ち身、切り傷、擦り傷、やけどなど

首痛、肩こり、手のしびれ
変形性頚椎症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、むちうちなど

肩の痛み、ひっかかり、腕があげられない(ばんざい出来ない)
五十肩、肩関節周囲炎、腱板断裂、腱板炎など

肘の痛み
上腕骨外側上顆炎、肘部管症候群など

手首、手指の痛み、しびれ、こわばり
ばね指、つき指、へバーデン結節、腱鞘炎、手根管症候群など

腰痛、おしりのほっぺの痛み、足のしびれ、背中のはり感
ぎっくり腰、坐骨神経痛、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など

股関節の痛み、足の長さがちがう、骨盤の痛み、歩行障害
変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチなど

膝の痛み、膝に水がたまる、足がつる、正座ができない
O脚、変形性膝関節症、膝関節炎、靭帯付着部炎など

足の痛み、しびれ、変形
まき爪、外反母趾、足底筋膜炎、痛風など

スポーツ障害
半月板損傷、靭帯損傷、肉離れ、野球肘、野球肩など

骨そしょう症

 痛風

 

治療法について

治療は運動機能を改善させる、元の状態に回復させることが目的になります。
リハビリ(物療、運動療法)や薬剤、漢方、神経ブロックなどの様々な方法を用いて行います。
患者様ごとに年齢や疾病の程度、生活様式などが異なりますので、それぞれのニーズに適した治療を総合的に判断し提供します。
 
しびれ、痛み、違和感などの症状は体からのサインです。
できるだけ早く診断し、治療を開始することが早期回復につながります。
少しでも気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。 
 
 

リハビリテーション科

効率的にリハビリが行えるよう、 十分な広さのリハビリ室、充実した医療設備を用意しました。

理学療法士を中心としたスタッフとともに行う運動療法、医療機械を用いた物理療法を組み合わせて行い、早期の機能回復、能力向上に加えて能力の維持にも努めていきます。

リハビリは継続して行っていくことが大事です。それぞれのペースで無理なく続けてください。

運動療法の紹介

物理療法の紹介

 

当院では院内に足湯を設置しております。
リハビリ前に足湯に入り全身の筋肉を温めることで、体が動きやすくなりリハビリの効率を高めます。
是非ご活用ください。

足湯の紹介

 

足湯

足湯

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME